マーベリック、れんげ畑を行く!

今日の物語の始まりは、ここ

数日前よりも、ずっと緑が濃くなってきている。

 

まべは、武者震い

むだに勇ましいけど

一歩踏み出せば、春爛漫

まべも、武装を解いて、春のにおいを楽しんでいるみたい

アザミにはタテハチョウ。

ほかにも、東日本では見かけたことのないような、大きなシジミチョウ(ムラサキツバメというのかな)や、モンシロチョウやモンキチョウが、たくさん飛んでいた。

少し進むと、田んぼにれんげが満開。

れんげは、花の時期が終わると、そのまま田んぼにすき込んで、稲の肥料にするらしい。

そういえば、「れんげ米」というお米があるけれど、春、こんなにきれいな田んぼで育ったお米なんだね。

まべ「遅いですよ!先に進みますよ!」

これは、レンコン畑。

見て!足跡!

レンコン畑の表面に、小さな獣の足あとがついていた。

この辺にいそうな、イノシシや、イタチのものではない。

もしかしたら、アライグマのかな。

くんくんくんくん・・・

にわかに、くんくんが多くなったけど、

また歩き出す

まべが通ると、それまで畑にいた、頭がほんのりオレンジ色の小型のサギたちが、ぱあっと飛び立ち、遠くのビニールハウスの屋根に並ぶ。

 

横の林からはウグイスの、のどかな声

頭上高くからは、ひばりの、強く規則正しくて撃たれるような声

他にもいい声でさえずる鳥の声でいっぱい。

もう、ツバメも見るようになったね。

写真ではよくわからないけれど、れんげ畑の中に、サギが2匹ひそんでた

すっかり戦闘モードを取り下げたまべは

しっかりヤギにも挨拶できた

 

 

帰りに、朝獲れの、セリとイタリアンパセリを買ってきた。

まべは、野菜が好き

とくにセロリが大好きなので、セリにも興味しんしん。

まべ「ぱくりといかせていただきますよ!」

今日は、セリごはんを作りますよ。

多めのセリと、塩だけで、ぜいたくな、春の味。

まべには、よく湯がいたものを少し、おすそわけします。

おとなの味だったね。

1+
フレンチブルドッグひろば

マーベリックの眠れなかった夜

そして、続きのお話・・・・

あれは、2016年も年押し迫った頃だった

まべがうちに来たばかりのあの頃は、夜、大型犬も入る大きさのクレートに入れて寝させていた

冬だったから、クレートの下にあんかを仕込んで、寒さ対策は万全

柔らかいタオルも入れて、居心地の良い空間を作ってあげた上での就寝のはずだった・・・

しかし、どこからともなく、家じゅうに、およそ犬のものとは思えない、ゴジラみたいな遠吠えが響き渡る

 

私が起きてきて、クレートの扉を開けると、目を真っ赤にして飛び出してきて、初めはうれしくて飛びついてくるんだけど、それがエスカレートして、顔つきが変わり、腕に、袖に、噛みついてくる。

”バスカービル家の犬”みたいに、首を振って引き裂く動作。

そうなると、叱っても、それは、火に油を注ぐようなものになった。

その時は、まべ、すごく必死な顔をしていた。

 

その後も、手あたり次第、置いてあるものを、引き裂く・・・

おもちゃはもっても5分!

ぶちぶちってやな音が聞こえて来たら・・・

わたが出てきて・・・

やむなく没収

まべ「まだ遊びはこれからなんですけど」

 

ひたすら壊す・・・

私に「遊ぼう!ボール投げて!」と、自分から誘ってきたから

ボールを投げてあげた

嬉しそうにボールを持って来た!!と思ったら、

素通りする

たまにボールを持ってきても、決して放さない・・・

この顔、どこかで見たことがある・・・

まべさん、俵屋宗達作「雲竜図屏風」のモデルを務められていらっしゃいましたか?

あまりにやりたい放題の下手人は逮捕されて・・・

叱られて、いじけて・・・

あまえる・・・・

べったりはとどまることをしらず・・

まべは、甘えたとアグレッシブな表現の両極端にふれていた。

 

ちょうどそのころ、

BBCか何かで、鳥の学習能力についての番組があったのを観た。

「とりあたま」なんていわれるけど、

実は鳥はとっても頭が良いという話。

 

その一場面で、とても印象的だったのがある。

それは、動物行動学の実験のために飼われたカラスのお話で、

そのカラスは、ある研究者にとてもなついていた。

ある時、研究者がしばらくそのカラスに会いに来られない日が続いた。

そののち

そのカラスが、研究者に久しぶりに会ったとき、どんな行動をとったかというと、

素直には甘えず、まずは噛みついたりつついたりしてかんかんに怒ったんだ。

それから最後に、猛烈に甘えてた。

そういえば、人間の子供でも、そんなこと、あるよね・・・

 

私が衝撃を受けたのは、カラスにも、そんな”拗ねる”ような感情があるってこと。動物の感情って、とても豊かで複雑なんだと思う。

 

で、話は、まべに戻るけど

まべは、うちに来てから数か月は、渋々ながらクレートに入って寝てたんだ。

でもある夜、クレートに入れる前に、マーベリックが、扉の開いているクレートの中に入って、聞いたこともない声で、がうがう、ひっくり返って暴れているのを見たの。

その姿を見て、その日はクレートに入れずに寝かしたんだ。

その日、まべは、ちょっと落ち着いた。

 

それから、寝るときにクレートには入れていない。

 

軍用犬のように規律正しいことが必要なわけじゃない

ボールを追いかけるのもいいけれど、まべがそれを楽しいと思わないなら、べつに”持ってこい”なんてできなくってもいい

まべは、豊かな感性の中で、自分の感情の表現の仕方が

まだわからないだけ

 

そんな風に考えて、それからは、

まずはまべのいうことに耳を傾けてみることにした

 

きっとその後に、まべは自然に、こちらの言うことを理解しようとしてくれるようになるだろう、と思って。

 

まべ「これからもその調子でよろしくお願いしますよ」

パチン!

 

このあと、まべと私の散歩漂流記が始まるんだけど・・・

それはまた、別のお話に。

1+
フレンチブルドッグひろば

マーベリックとの出会い

マーベリックと初めて出会ったのは、2016年の冬。

マーベリックが生後半年を過ぎたころだった。

ブリーダーさんが手元に残そうかと、その時期になるまでオーナー募集をされずに大切に育てられていたのだ。

ブリーダーさんいわく、「この子は陽気でマイペース😊」

 

私たちが引取りに伺った時のマーベリックの歓迎っぷりは、陽気そのもの。

まべはいきなり、初対面であるにもかかわらず、振れるしっぽがないのに、全身をしっぽみたいにぶるぶるして、私たちの周りを駆け回り、歓迎してくれた。

そして、帰りの車の中、後部座席のクレートの隙間から、マーベリックは、かたずをのんで、私たちから、かた時も目を離さず、じとーっとしたまなざしでみつめていて・・

家に着いて、部屋に放すと、マーベリックはいきなりはしゃいで、おもちゃで遊び始めた。

マープル&ポワロ「本当に、陽気だね✨」

このあと、私たちは、ブリーダーさんの言葉の真意を知ることになる・・・・

それはまた別のお話・・・

 

まべ「えっ⁉それ言っちゃうの?やめてくださいよ、プライバシーの侵害ですよー!」

1+
フレンチブルドッグひろば

下剋上チャーンス?!

今日は、私が風邪をひき、熱を出した。

昨日寒かったのは、まべだけでなかったらしい。

まべは、ポワロと散歩に行き、帰ってきた。

そこで、力なく寝ている私を見て、まべの目が

キラーン と光る。

まべ「まべは見逃しませんよ!」

下剋上、チャーンス、到来!!!

まべ「まべはチャンスを見逃さない男ですよー!

 

以下、お見せできません・・・

普通はさ、飼い主が病気になると、心配そうに寄り添ってくれるって、言うじゃない。

まべの場合は、私が具合が悪そうにしていると、初めに私の顔色をじーっとうかがってくる。

しばらくじーっと見たあと、ためいきをついたり、眉をひそめたり、とても心配そうな顔をする。

まべも心配してくれているんだなあ、と、私をほっこりさせた後で、

スイッチが突然切り替わる。

”なんで寝てるんですかー!勝手な行動はゆるしませんよー!”

がうがう

ひとしきり、がうがう、からんだ後で、

ふと我に返って、こんな顔

そして、おとなしくうずくまる。

 

 

 

キラーン!

まべ「チャンスは待つべきものにあらず!

自分で取りにいくものですよー!」

1+
フレンチブルドッグひろば

マーベリック、林に行く

今日の物語の始まりはここ

昨日の雨で、林はしっとりとしていた

まべがのぞいていたのは、こんな景色

まべがのぞいていたのは、こんな景色

まべ「みなさん、なにも食べられるものはありませんでしたよー」

ちろっ

 

一カ月ほど前から、うぐいすが鳴きだした。

初めのうちは鳴き方もぎこちなかったけれど、今日はとても上手に鳴いていた。

うぐいすの鳴き声の中、

まべは、勢いよく流れる水に不毛な闘いを挑んでいた。

 

 

まべは、今日は少し寒かったらしい。

家に帰ってきてホットカーペットをつけてあげると、ぬくぬく・・・

ぬくぬく・・・・

こんな顔したら、載せちゃうよね。

まべは私がブログを始めたことを知らないから、油断している。

油断と言えば、

昨夜・・・

まべがちょこんと座っていたから

私が呼ぶと・・・

しゃあ!

まべは、サイレントヒルのくまちゃんみたいに、人が油断したところに、がっがってやってくる

 

1+
フレンチブルドッグひろば

そこはかとないカメムシのかおり・・・

今日は朝から本降りの雨☔

まべは、いつも朝、散歩の催促をしてくるのだが、今日は、窓の隙間から外をひとしきりくんくんしたあと

ぶーっと短いため息をついて

まべ「今日は雨ですね」

おとなしく、今日は部屋でのんびり過ごすことにしたらしい

 

 

実は、昨日の夜のお散歩で、衝撃的な事件があった

この写真も衝撃的に怖いけど….

(※Xファイルではありません)

事件とは、これではない。

昨日、歩いている途中で、ぷーんとカメムシのにおいがしてきたんだよね。

 

昨年の夏、この辺りは、カメムシが大量発生した。

実は、私は、カメムシのにおいをそれまで嗅いだことがなくて

昨年初めて、散歩中に、”今漂うこのにおいが、彼らのそれ”、と認識したのだった。大人になってから認識したせいか、正直言うと、そんなにいやなにおいではないのだけど・・・

 

昨日もまた、暖かくなって、カメムシが出てきたのかなあ・・・くらいに思って初めはあまり気にせずに、歩いていたんだ。

でもね、

なんか、ずっとついてくるんだよね、カメムシのにおいが。

えっ!って思って、ボディチェック。

シャツについていないか、靴の裏は大丈夫か。

見当たらない。

髪についていたら・・・とか考えて、ちょっとどきどきしながら家について、「ただいまー」と、まべを抱き上げた

( ゚д゚)ハッ!

明らかに、まべからカメムシのにおいがする!!!

そのまま急遽、まべはシャンプーになった。

 

きれいに洗って、シャンプーもそろそろだったから、ちょうどよかったね

って話して、まべもにこにこ

部屋に戻って

「ごはんはまだですか?」って、まべが鼻先を寄せてきた矢先、

 

ぷ~ん

 

マープル「まべ、まさかあんた・・・」

呼気から、カメムシのにおいがそこはかとなく・・・

 

カメムシって、無害なんだけど、たまに寄生虫いるから、気を付けないといけないんだって。

まべは健康診断と寄生虫の検査、この前済ませたばかりなのだけど、おなか壊したりしたらまた検査してもらわないとね。

まべ、いい顔してもだめなんだからね

 

まべ「歯磨きにも余念がありませんよ」

まべ「安心してください!もうにおいませんよ」

でもやっぱりジョシには嫌われちゃうね、まべ。

1+
フレンチブルドッグひろば

雨降って、まべ跳ねる☔

今日の物語の始まりはここ

まべ「雨がふってますよ。はやくいきますよ!!」

ブログを始めて、ちょっとフォトジェニックなものを撮りたくなった。

足元を見ると、松ぼっくり。

まべは、こういうのがあるとよくくわえるから、今日はちょっと、まべの前に置いてみた。

あ!

蹴った!

いつもは楽しそうにくわえるのに、今日は、私が前に置いた松ぼっくりを、まべはぴょーんと蹴りとばして、その後も猛烈に地面をかいていた。

予想外の展開に驚いて、私はその写真を撮り逃してしまった。

 

まべ「自然に撮れるのがいいんです。

偽装はゆるしませんよ」

 

めげずに次は、カイノキに近づけてみた。

マープル「まべ、今度こそ、フォトジェニよろしくお願いしますよ」

くんくんくんくん・・・

あ!

食べた!!!!

まべ「そうは問屋がおろしませんよ。」ぺろり

 

1+
フレンチブルドッグひろば

マーベリック、カルガモ親子に出会う

今日の物語のはじまりはここ

まべ「はやくのぼりますよ!ついてきてください!」

まべ警部「なんかにおわねーか」

くんくんくんくん・・・・

ぶーっ

今日はまべのくんくんが止まらない。

まべ警部の登場だ

 

はいはい、それでは今日はポワロもお付き合いしましょうかね。

まべ警部「現場ひゃっぺん!」

くんくんくんくん・・・・

マープル「ワラビを見つけましたよ」

くんくんくんくん・・・

まべ警部「こいつはちげーな」

マープル「ウィステリアがたくさん自生していますよ」

まべ警部「そんなことはいい!こっちだ!」

ちょうど三毛猫を見つけ、本家の登場かと、私もまべの刑事ごっこにちょっとのっかってみる。

マープル、名探偵ポワロ風に「non,non,ムッシューホームズ!あなたたいへんな見落としをしています☝✨」

まべ警部「油売るな!ついてこい!」

マープル「はい、すみません・・・」

まべ警部「ホシ、発見」

 

 

 

確かに相当ワルそうだけど…

ちがうと思う・・・

 

まべがくんくん追ってきたのは

本当は、これだったのだ。

水蓮の池の中。まべがぐいぐい引っ張っていくから、覗いてみたら

いたね。

ホシじゃなくて、かわいい親子🐓

まべ警部のおかげで出会えたね。

巣立つ前に、また会いにこようね。

1+
フレンチブルドッグひろば