壁沿いに歩くと見えるもの

石壁沿い散歩。

超えられない壁はない、との美句がふわりと私を包む。

しかし今、人生・世の中を見渡せば、超えられない壁ばかりだ。

“超えられない壁にぶち当たったら、なにも困るこたあないさ、ただ沿って歩くだけだよ”

と、マーベリックは私にいう。

“あなたなら、超えられない壁なら、壊して進んでみせよう、とでもいうのかと思った”

と、私がマーベリックに言うと、マーベリックは、

“動物っていうのは、そういうところ案外平和なのさ”

とこたえた。

その時、ちょうど、トカゲに出会った。トカゲもすかさず、

“壁に寄り添い、その輪郭を、確かめるのさ”

と、私にささやく。

昔「カモメのジョナサン」という物語が好きだった。

食べ物を漁るという、毎日の生活に関係のないところで、自分の限界に挑戦しようとする一羽のカモメ。そのカモメの心根が、とんでもなく稀有で純粋なものに思え、そんな生き方に憧れもした。

でも…

実際は、次から次と、波のように訪れる壁を超えたり壊したりするのは美学のように甘く、気持ちを持っていかれるのだけれど、そのあとはいつも虚しい。壁を超えることを代償に、必ず失うものがあるからだ。それは、自分の何かだったり、時に他者の何かだったりする。そして手にしたものを見て、自問するのだ。自分が本当に欲しかったのは、これだったのか、と。

ベルリンの壁が壊れたとき、人類は美酒に酔いしれた。そのこと自体は大切な足跡だったけれど、しかし、そのあと、世の中がよく変わっただろうか。

この壁の崩壊もまた、世界の塗り絵の、色の陣取り合戦の1つでしかなかったのだろうか。

壊すという劇的な行為が、人の心を魅了して離さないのなら、人はいつまでたっても、自ら壁を作ろうとし続けるのだろうか。そして、壊すという行為に、行為の意味を見出して、それを無限に拡大していくのだろうか。

それは美しい物語を生むのかもしれないが、そうして世の中は、いつのまにか自分たちのものでないどこか別の方向へ、向かい出してしまっている。

跳ばなくてもよいハードルを設定し、それを跳ぶことに夢中になってきたのは、いつの頃からだったのか。

何を目指して、それを跳ぶのか。

競争、破壊、自分と身内を守り抜けと走り続けた1900年代後半、そしてそのあとは、動力もなく惰性だけで加速して、強固で繊細な要塞を築き上げた。子供たちは、「真実はいつも1つ」ということばを鵜呑みにして育ってきたが、

しかし、それは本当だろうか。

真実はひとつではないし、超えられない壁もいくつもある。

わからないこと、わかりあえはしないことを認め、壁を許容して進むことは、壁を壊して、全てを単色にして進むことよりずっと難しいけれど、

壁を超えるという発想の前に、その、周りを巡ってみるだけで、見えてくるものがあり、わかることがたくさんあるのではないだろうか。

互いに見ている違う世界を尊重し、壁を壁のままで受け入れる勇気が、きっと、今の私達をアップデートする。

色の塗られた方でなく、余白の方に意識を移すことで、心も世界も豊かに呼吸できるようになる。

その時、トカゲが、パッと壁を離れ、飛ぶようにして、草むらに帰っていった。その先には中学校があり、その中では、体育祭が行われている。

暑い日曜日。子供たちの歓声が吸い込まれる青空。

私はマーベリックとまた、ただ、壁沿いに歩く。


		
3+
フレンチブルドッグひろば

はないんざはな

花がすごい

そして。

花、の中に、また、花が

そして、そのまた中に、また、

花?

いっぱいの花。

2+
フレンチブルドッグひろば

ホワイトスパイダー

ここ数年前から、白い彼岸花が急に増えだした。

このあたりでは、秋になると、一斉に、田んぼのあぜ道などに彼岸花が花を咲かせる。

毒がある彼岸花を利用して、農家の人たちが、畑のあぜ道に植え、モグラや虫からお米を守るんだとか。

人に植えられてるんだから、やはり、色の流行りってものがあるんだろう。白、大流行。

赤もいいけど、白も珍しくて楽しめる。

この彼岸花、英語で、スパイダーリリーと言われてるんだとか。

白なら、ホワイトスパイダーリリー。

なんだ、にわかに、かっこいい🕸

クモみたい、とは、思ったこともなかったけど、

それを聞くと、クモにも見えてくるから不思議だ。

ホワイトスパイダー、きてる。

葉っぱ好きのマーベリックも、彼岸花には近づこうとしない。動物には嫌なにおいが出てるというけど、それでかな。

2+
フレンチブルドッグひろば

にやにやしてるけど

マーベリック、にやにやしちゃって。

この時、彼はまだ知らなかったけれど、

このあと、マーベリックはひとり、家に置いてけぼりにさせられるのだ。

飼い主、今日は、久留米市美術館に行ってきた。

久しぶりの美術館。

もともとは、ブリジストンの石橋美術館だった。それが、2016年に久留米市美術館としてリニューアルしたのだ。

ひと昔前に、都内のデパートがこぞって、館内に美術館を持ったことがあった。歩けば絵に当たる感じで、私もよく学校帰りに、美術館、はしごした。

今は、館内美術館も、閉鎖が相次いでるって聞いたけど、ほんとだったら、ちょっとさびしいな

これが上野なら、平日昼間でも並んでると思うが、この辺りの美術館はどこも閑散としている。

こちらでは、美術館の数が少ないので頻繁に行くことはできないけれど、でも、空いている美術館で、絵をゆっくり近くで思う存分見られるなんて、願ってもない特典、贅沢なことこの上なし。

気持ちも上がってきたところで、ペンさんたちに案内されて、いざ〜

小僧〜、行ってきまーす👋

渇いた心にしみる。

やっぱり、アート イズ ライフ だなー。

途中で、マーベリックのことを思い出した💦

🙄💭あいつ、怒ってるだろうな(笑)

絵に描かれていた動物や子どもが、全部マベに見えてきた👶

2+
フレンチブルドッグひろば

こわいこわい

マーベリックのこわいこわい

今日は栗がこわい🌰

イガがこわいらしく、👆後ろ足、ちゃっかり飼い主の上に載せてるぅ!

緊張感みなぎる顔して近づいてみる。

でもだめ、すぐに目をそらす。

お散歩道、至る所で、青い栗のイガを見かけるようになりました。

触ってみると、意外に本気で痛い。

栗は美味しいから、こんな見事な鎧を身につけたのかな。

3+
フレンチブルドッグひろば

仲良し二人組に会う

今日、マーベリックが熱心に見ているのは…

道の駅に新しく来た、ヤギの女の子たちです。仲良し二人組なんだそうです🐐

道の駅にくると、マベは、まっしぐらに、このヤギ小屋に向かいます。

この前までいたのはオスヤギで、マベがくると、いつも、荒荒しく、ツノでガッガッと威嚇してきてたんだよね。

女の子たちは大人しく、石の上に寄り添ったままです。

それをいいことに、じーっと見つめるマベ。完全に、不審者です。

マーベリック、いつものことですが、見過ぎですよ。

違う角度からも、まだ見てる。

ほっとくといつまでもじっと見続けているマベ。

だましだまし遠ざかっていき、やっと小屋から離れると、ヤギたちも、石から降りて、仲良く草を食みだした。ずっと食べたかったね、草。お邪魔しましたよ。

マーベリック、ますます自分に素直な三歳と四ヶ月(オトナ)です。

3+
フレンチブルドッグひろば

ハロウィンの準備進む

お散歩道には、かぼちゃの花が満開。

通りすがりの駐車場の一角にも、溢れるほどの花が。

マーベリック、ちょっと止まって。写真撮ろう…

マーベリックは写真嫌いなので、なかなかこっちを向かないし、あからさまに顔も不機嫌になる。

はい、行きましょうか。

すっすもー、すっすもー。

ふと見ると、これ、マグノリアの花の木。

春の花なのに、もう蕾がついてる?と驚いたのだけど、実なのかな?

もうすぐ実りの秋。

これから今花を咲かせているかぼちゃたちも、実をつけるのですね。

ハロウィン🎃二ヶ月前。

かぼちゃも大急ぎで準備ですね。

3+
フレンチブルドッグひろば

地元っ子

9月初日。

落ち葉も目立ってきたお散歩道です。

綺麗な紅葉が見られるのも、もう少し🍁

☝宝満川につながる用水路のある風景です。遠くに、飛び立つサギの群れがいます。

☝右手に広がるのは、大豆畑です。春は麦、秋は大豆が実る畑です。

大豆も、お散歩道の緑が、豪雨の後、めっきり濃ゆくなりました。

また、マーベリックの大好きな、枝豆の季節がやってきます。

大豆の前段階が枝豆ということを、私はここに来た3年前に初めて知ったのでした。

まべの”枝豆ちょうだい!”の催促が激しすぎて、うちではゆっくり枝豆を食べられません。

そんな枝豆が大好きなマベは、ここの地元っ子です。

3+
フレンチブルドッグひろば