へっぽこ刑事

今日は久しぶりに、マーベリック警部の登場。

マベ警部、隠れてるつもりが丸見えの尾行。

マベ警部の尾行は、しつこすぎて、だいたい失敗に終わる。

警部、そんなに堂々と、大丈夫?

ほら、気づかれたよ。

へっぽこマベ警部、痛い失敗の後は、やけラーメンならぬ、家でふて寝だ。

意外とデリケートな、マベ警部。

この後は、こじれてちょっとめんどくさくなるマベ警部なのである。

がんばれ、へっぽこ警部。

2+
フレンチブルドッグひろば

ファイティングスピリット

ゴングが鳴る。

向かうは、無敗のファイター

お化けススキ vs マーベリック

あれ?ファイトじゃなかったの?

両者歩み寄り、融和に方向転換。

ごにょごにょなにやらお話ししてる。

平和な木曜日。

3+
フレンチブルドッグひろば

サザンカを見る会…

誰もいない自然道を歩いていたら、突然、目を引く明るい色が飛び込んできた。

近寄ってみると、サザンカだった。

通りかかる人も少ない、ひっそりした散歩道に、華やかな淡い紫が、風に揺れている。

足元にも花びらが…

マーベリックと、サザンカを見る会…

マーベリック、もしかして、あの、春に17台のバスで御苑に乗り込む会のことを考えてる?

・・・、でも、そうだね・・・

誰にも目の触れないようなところで、周囲を照らすサザンカの前で、

静謐とした時が流れる。花と対話する時間はひっそりと、内側を研ぎ澄ましてくれる。

大切な時間をたゆたう。

数に負けて、大事な何かを見失ってはいけない。

マーベリックがにやりと笑った。

4+
フレンチブルドッグひろば

君についていこう

昨夜からの雨一転、晴れて暖かな朝。

今日も、マーベリックと、お散歩道を歩きます。

少し先を行く、マーベリックの背中。

マーベリックの影と、落葉した木の影が、共に踊っている。

何もない日常の、輝く時間。

マベ、お散歩は、マベが主役だ。

君についていこう。

3+
フレンチブルドッグひろば

夢を引く背中

今日も、光る背中を見ながらお散歩。

背中で語るオトコ…

ならぬ、ただただ、早く進みたいオトコなのだ。

そしてこの背中、ラッキーを引き寄せる。

舞浜でもないのに、ここで、このお方に会えるとは!

気分はもう、夢の国♡

3+
フレンチブルドッグひろば

自分の幸せを生きる

コスモス咲く川沿い。

花は傷ついているけれども、痛みを知って凛としている、それもまたいい。

傷ついた花に寄り添って、ひどく傷ついた心を癒すには、自分自身を信じることだと、マーベリックがぽつりと言った。

その時私は、ここに来る前の自分を思い出していた。毎日、線路の向こうに登る朝日を見て会社に行き、高層ビルの合間に落ちる夕日を眺め、自分の顔と車内が映る終電間際の電車で帰宅していた日々のこと。

働いて、消費した。

日々、働いて、消費した。

それはまるで、たくさん育てた花を、片っ端から散らしていくようだった。

わたしが社会に出る頃、高度成長期は過去の光のさざめき。都心にはその残像だけが写っていた。バブルも崩壊した不安定な社会を生きていくために、なにかこう、確かなものといえば、学歴や、お金だと…、それらは、自分を強くし、幸せにするものだと信じ、信じ込まされた海の中へ、全速力で乗り出した。

でも、それらを信じれば信じるほど、労働と消費のループは加速し、いつしか、自分が何者なのか、さっぱりわからなくなっていった。それがなおさら、わたしを、その場で消えていく楽しさにすがりつかせ、次の競走へと駆り立てた。価値観の一辺倒が、自分の心をどんどん痩せさせてく。そんな日々は、繰り返す波のようだった。決して陸にはたどり着けない。

幸せとはなんだろうか。

立ち止まらないと見えなくなっていた、その問い。

探した。探した。探した。だけどそれは、どこを探してもない。

自分の足元に目を落とせば、お金があれば…いい学校を出れば…いい会社に入れば…そんなささやきが、凍った鉄の鎖のように自分の周りにまとわりついているのが浮かび上がった。

知らない大多数の誰かによって作られた”幸せ”を信じても、それは、自分のものではなかったのだ。

幸せとは、自分自身が決めなくてはいけないものなんだ。

今、わたしはここで、日々を大切に生きている。

ひとりひとりの気持ちに寄り添い、

ひとつひとつのことを大切に育む。

そんなことをしても、生活は楽にはならないし、苦しいこともたくさんある。

それでも。

遠く離れた母へ。

人が何を言おうと、一緒に幸せを信じよう。

たとえ何を言われても、自分が幸せと思えれば、それでいいんだもの。

わたしは自分が、親も妹にも、何もできないでいることがひどくふがいないけれど、でも、

今はせめてこの気持ち伝われと、はかなく思いを繋いでいる。

4+
フレンチブルドッグひろば

焦げパン

今朝は、楽しみにしてたクロワッサンをトースターで焼いたら、焦がしてしまった🥐

クロワッサンって、難しい。

てっぺんの、ちょうどサクサクしておいしいところが焦げちゃうから、泣く泣くそこを削がなくてはならなくなる。

ちょっとへこんだ気持ちで、朝、お散歩に出かけたら、秋らしい空が広がっていた。

焦げたパンにへこんだ飼い主も、そもそものやさぐれこげぱんマーベリックも、みんな、のみこんでくれるような秋!

木にはまだ緑色をしたどんぐりがなっている。

この花の名前、忘れてしまったけれど…

別に名前なんていいや。

秋だ、秋だ。秋が来ている。

私の心もすっかり晴れて、似たもの同士、一緒に、てくてく、秋を歩く。

3+
フレンチブルドッグひろば

マリーに負けてる

散歩道に咲く、マリーゴールド。

それと、マーベリック、ちょびっと。

まべ、マリーの勢いに押され気味。

シワを濃くしてなんとか応戦。

3+
フレンチブルドッグひろば