2022/4/3(日) 0 Comments

しっとりです

春まだ浅い頃、雨上がりの公園

公園の桜たちは一斉に花を咲かせ、しっとりとたたずんでいた

冬の寒さが厳しい年の春は、花付きがいいと聞いた

気温がそうさせるのだ

せつせつと

せつせつと

時は流れ、繰り返す

気温のいたずらで美しさは増すけれど

咲き誇る花は桜の木の本質ではない

絶え間ない、でも同じでない

繰り返す、でも、同じ今日はない

あるがままを受け入れて

冬も春も夏も秋も

そこにマーベリックがいて

私は歩く

ひとあし、ひとあしの、

うれしさを積み重ねて

フレンチブルドッグひろば

コメントを残す