ラブアンドピース

3年ほど、広島に住んだことがある。

その時、一度だけ、平和式典に参加した。

朝から暑い日だった。

一堂に会した皆が、一心に、平和を願う、その空気感は、その場に居合わせて初めて味わうものだった。

ふと、会場が静かになり、蝉の声だけが響く瞬間があった。

その時に、平和とは、人々の思いでできているんだということを感覚した。

思いは、引き出さないと、実現しない。

それから十数年が経ち、我が家には、平和が、当たり前の風景となった。

板付の平和。

絵に書いたような平和な図が、ここにあるけれど、家の中の平和が保たれている間に、いつの間にか、外の景色が変わり始めていることもある。

平和な時にこそ、その反対側の世界を思い描くことが必要なのかもしれない。

8月6日

想像の翼を、外に出して

祈る

ひとつ、ひとつの平和な風景が

広がっていくように

3+
フレンチブルドッグひろば