トンビと哲学者

今日も朝から暑くて、ダムの周りをお散歩。

林道をひとしきり歩いて、開けたところに出ると、眼下に棚田を臨む。

棚田を見下ろすマーベリックの顔が、哲学者のように神妙な顔になる。

この頭の中で、何を考えてるのかと思う。

ヒョロロと声がしたので、上を見上げると、トンビが旋回している。

ぐるぐる ぐるぐる

飽きずに同じところを、きれいな円を描いて回っている。

小さな哲学者を気取るマーベリックの頭の中は、帰ってからのごはんのことが回っている、

きっとそんなとこだろう。

これからひと雨きそうだ。

マーベリック、お腹がすいたね。

さ、ごはんを食べに、帰ろう。

3+
フレンチブルドッグひろば