今日のお散歩道。

落ちた小さな花があった。

じっと見るおまべ。

そして気遣う。

マーベリックには、マーベリックなりの草を舐める理由があろうが、

“花をいたわるマベ”という物語の中に入り込んでみる。

物語と思っているその世界だけど…

植物も植物同士で情報のやり取りをしているとか、異種間の動物が助けあったりとか…、まだまだまだ、人には見えない彼らの世界がある。

だから、この花も、マーベリックに、「いたいよー。いたいよー。」と、本当に伝えていて、おまべがそれに応答していたのかもしれない…

ほんとが虚構で、虚構がほんと。

世界があべこべに回って、表と裏がひと続きになる。

わかっていると思っていることを過信したらいけないと、今日もマベが教えてくれる、そんな朝。

4+
フレンチブルドッグひろば

投稿者について

日本の南で、太陽をさんさんと浴びながら、そこはかとなく暮らしています。
I live vaguely while taking the sun brightly in the south of Japan.

おすすめ:

コメントを残す