無駄の旨味

まべがのっているのは…

この一角に敷き詰められた、きいろのラグ。

この木の花が落ちてできた、一時の、ふわふわルームです。

そうだね、ごろごろしたら気持ちよさそうだね。

春は桜、秋には紅葉、冬はサザンカで色鮮やかな絨毯ができるけれど、初夏にもちゃんとあるんだ…

すてきなすてきな、きいろのラグ。

お散歩に来たら、公園の一角が明るくなっていたから、マーベリックとふたりで、一目散に近づいてきたのですが、

すてきな初夏の贈り物です。

周りには紫陽花がたくさん咲いています。

この時期にはどうしても多くなってしまう紫陽花の写真ですが、少しずつ、種類が変化していっています。

今咲いているのは、初夏には目に涼しい、あおいろの紫陽花たちです。

昨日今日と、東京の方は涼しいと聞きましたが、まべ地方は今日もこれから35℃まで気温が上がる予報。

マーベリックの最近のお気に入りは、クーラーの効いた部屋で、毛布にくるまれてお昼寝することです…なんという矛盾、なんという贅沢…

無意味(あるいは無駄)なことに、最高の旨味があることを、おまべたちは知っています。

われらの小さな相棒から、学ぶところはまだまだ尽きない…

2+
フレンチブルドッグひろば

コメントを残す