マーベリックとの出会い

マーベリックと初めて出会ったのは、2016年の冬。

マーベリックが生後半年を過ぎたころだった。

ブリーダーさんが手元に残そうかと、その時期になるまでオーナー募集をされずに大切に育てられていたのだ。

ブリーダーさんいわく、「この子は陽気でマイペース?」

 

私たちが引取りに伺った時のマーベリックの歓迎っぷりは、陽気そのもの。

まべはいきなり、初対面であるにもかかわらず、振れるしっぽがないのに、全身をしっぽみたいにぶるぶるして、私たちの周りを駆け回り、歓迎してくれた。

そして、帰りの車の中、後部座席のクレートの隙間から、マーベリックは、かたずをのんで、私たちから、かた時も目を離さず、じとーっとしたまなざしでみつめていて・・

家に着いて、部屋に放すと、マーベリックはいきなりはしゃいで、おもちゃで遊び始めた。

マープル&ポワロ「本当に、陽気だね✨」

このあと、私たちは、ブリーダーさんの言葉の真意を知ることになる・・・・

それはまた別のお話・・・

 

まべ「えっ⁉それ言っちゃうの?やめてくださいよ、プライバシーの侵害ですよー!」

+1
フレンチブルドッグひろば

コメントを残す