棚田のある風景

麦の収穫が終わり、棚田に水が張られた。

どこに住んでも、人の営みは同じだけれど、

山に囲まれ、山に向き合っていると、

生活のあらゆるしがらみや理屈やを振り切って、ぽっかり安心に包まれる瞬間がある

その瞬間が、忘れかけた本来の自分に戻してくれる

こういうことを、ぽそぽそと考えていると、決まってマーベリックはつまらなそうな顔をする。

「そんなことはいいから、僕もお水に入れてください。暑くてかなわないです。」

今日の彼が言いたいことは、きっとそんなところだろう。

シンプルでまっすぐなその要求は、いつも正しい。

3+
フレンチブルドッグひろば