循環

循環は、迷いのように見える

繰り返す季節

今年もまた、麦が実り、

見渡す限り黄金色に揺れている

そして彼らは刈り取られ、

二毛作のこの土地は、次に稲田へと転換する

乱暴なまでに早い、時の流れ。

でも、よく考えると、

麦も、米も、大豆も、

ここにあるものは、私達が作ったんだけど、私達が創ったのではなくて

よく考えると、

水も、空も、鳥も、花も、

思えば皆、私達が創ったものなど、なんにもない。どこにもない。まるでない。

この自分の命だって。

与えられていて、

投げ出されるように我が身ならず歩き出した、この循環の一瞬の旅人。

思うがままより、あるがまま

あるがままに道は続き

川は流れる


わからないことは、やさしい。

迷いあることも、豊かなことだ。

季節は巡る。そのままに。

明日からもまた、行けるところまで、歩いていこう

ふと、私の相棒、マーベリックを見ると、当たり前のような顔をして見上げてくる。わかってないのは人だけなんだな。



2+
フレンチブルドッグひろば