おまべさんにも散歩の流儀があります

①遠くにお友達を見つける

②伏せて待つ

③見えなくなるまで見送る

お友達を伏せて待つスタイルのマーベリック。

こうなると、てこでも動かないので、私も、マーベリックの気の済むまで、見守ります。

お友達の反応は様々ですが、たいがいは、ざっと後退りされるか、わん、とひと声かけられます。

そうだよね、ずっと待ち伏せされて、通り過ぎる時もじっと見られるだけなんだもの。私も、相手のわんこさんに、ごめんね、とひと声かける。

たまに、「これは何をしてるの?」とか、「どんな意味なの?」と、声をかけてくれる飼い主さんもいて、お互いに笑ってしまうのですが、私にも、マーベリックの気持ちはわからなくて…

伏せるのは、友好的に相手を迎える時の姿勢だという説があるようなのですが、伏せてるからといって、相手のわんこさんに友好的に受け入れてもらえたことはないし、マーベリックの方でも、寄っていくことはあまりないのです。

そして、相手が見えなくなってから、やっと動き出します。

これが、マーベリック散歩の流儀。

なにやら不審なものを見る目で通り過ぎていくわんこさんと、ただただそれを見ているだけのマーベリック(笑)

犬同士の、ちょっと不思議な交流を、飼い主は見守ります。

つれつれなるままにひくらし…

3+
フレンチブルドッグひろば

投稿者について

日本の南で、太陽をさんさんと浴びながら、そこはかとなく暮らしています。
I live vaguely while taking the sun brightly in the south of Japan.

おすすめ:

コメントを残す