声をきく

今日もいいお天気。そして暑い☀️

マーベリックとは、池周りの市民ドッグランに来た。

いつもの通り、誰もいなくて、貸切りラン。

ここから池に下りると、釣りができる🎣ブラックバスがいるって聞いたことがある。

今日は、日差しは明るく、町ものどかで、マーベリックもいつもに増してうれしそう。

水面が鏡面となって山を映す。

空も、水も、今日はまた、一段と青い。

マーベリックは、ザッとスロープを下る。

このランの絶妙なスロープに幼いマーベリックは鍛えられた。

生後半年で、ここに初めて来て、最初のうちは、全速力でかけてきては、スロープの溝にはまって、こてっ、と、こけたりしてた。

でも、マーベリックは、それを繰り返し、あえてダッシュで駆け込んだり、ゆっくり歩いてみたり、いろんなことを試していく。今、体の使い方を覚えてるんだなと、見ているこちらに、はっきりわかるほど、マベは、何度も何度も同じことを繰り返しては、それをクリアしていった。

今ではまるで自分の体の一部のように、スロープを上り下りする。

それがもう三年前。早くも懐かしい。

見るもの全てが新しい時期は終わったかもしれないけど、今は、表面が穏やかになるのに比例して、マーベリックと私のお互いの探り合いの度合いは深みが増してってる。

目が合うたびに、マーベリックは言う。

「わかってますよ。でも、言うことを聞くか聞かないかは、別の問題ですよ。」

はいはい。

私はもっと、マーベリックの声に、耳を澄まさないといけないな…。

聞いているつもりでも、わかっているつもりでも、彼らの声は、ふとすると、いろんなノイズにかき消されてしまうから。

3+
フレンチブルドッグひろば

コメントを残す