フェイジョア

今日は薄曇りのまべ地方。

お散歩日和の土曜日です。

しばらく、草木とたわむれたあと、てくてく進めば、カエデの種子と出会った。

タケコプターみたいに、今にも飛んで行きそう。

もし、空が飛べたら、まべはどこに行きたがるかな。

さらに坂を下って、てくてくてくてく。

池の中には、睡蓮が咲いていた。

睡蓮といえば、モネ。

こちらは、マベ👇

花には目もくれず、すたすた歩いていく。

ねえねえマーベリック、上に、なにやら珍しい花が咲いているよ。

フェイジョア、という名前の花だそうです。

ちょうど少し前、フェイジョアという名前と共に、写真で見せてもらったことがあったのに、

いざ、本物と出会ったら、ちっともピンとこず、なんの花だろうかと、考えながら帰ってきた。

名前がわかると、とたんに、親しみが湧いてくるから不思議である。

今度行ったら、挨拶しようね、マーベリック。

“こんにちは、フェイジョアさん。また会いましたね”

世界はまだまだ、知らないことばかりとは思っていたけれど、

知っているのに、気づいてないこともある。

ふと、ひとつのフレーズが蘇る。

“知ることと、考えることとは違う”……

遠い記憶が揺さぶられる。

それは、有島武郎の「惜しみなく愛は奪う」の一節だっただろうか。

有島武郎の作品で語られる思想もその文体も、10代の私には、もぎとられたすっぱい果実のように、爽やかに表面を流れた。

「愛は惜しみなく奪う」から、「小さき者へ」「生まれ出づる悩み」と、吸い込まれるように手に取った。

おもしろい、と思ったことを、今振り返れば、表面のみずみずしい酸っぱさに気を取られて、中身の渋味にまで、到達できないでいるままだ。

また今読めば、全然違う世界が見えてくるだろう。

本も、木も、花も、

ひどくよそよそしい顔で私を取り囲む。

本も、木も、花も、そこにあるけれど、向こうから話しかけてきてはくれない。

幾重にも幾重にも重なり、積まれていくのは

よそよそしい、見知らぬ世界

世界も、自分も、混沌とし、知っていても気づいていないこと、そもそも知らないことが入り乱れ、

何かの端緒を掴んだ先から、知らないことが、膨大に、はてしもなく続いていく淵を覗かされる。

でも、すべてのパーツは、そこにある。

確実に、存在している。

淵をのぞき込む私は、自分に言い聞かせる。

”この森を旅する者は、混沌を恐れてはいけない”

知っていることと知らないこと、知っているけど気づけないこと…

宙に浮かんだパーツパーツが、

ハタハタ ハタハタ ハタメイテ

いつか出会う時のために、旅はつづく。

こんにちは。

3+
フレンチブルドッグひろば

コメントを残す