シロツメクサの花がさいたら、さあ・・・

2018/4/21(土) 0 Comments

今日の物語のはじまりはここ

一面の麦畑から

まべ「さっさと行きますよ!」

時刻は朝7時半。まだ太陽が低くて、こんな時は、影がコオニ?になる。

まべ「だれがコオニですか」

今日、まべは、なんだかとても不機嫌な顔をしている。

 

マープル「まべ、昨日突然注射に連れていかれたこと、まだ根に持ってるの?」

そう問いかけると

まべ「いいえ、太陽がまぶしかったからですよ、ママン。」

カミュか!

 

この時期のカエデが、ものすごく好き。よく見ると、小さな赤い花や、タケコプターみたいな種もできている。

カエデにとっては、紅葉の時期よりも、実は今が一番きらきらとしている見せ場なんだってことに気づく。

と、振り返ったら、まべがこんな顔をして待っていた。

まべ「はやくしてくださいよ」

この日は、運動公園でイベントがあって、人がたくさんいた。

そして、いつものように、まべ警部が登場。

息もつかせない緊迫した見張りが始まる。

 

まべ、まべはね、いつもそういうことをするから、

ジョシ「まべくん、しつこい?!」

って、嫌われちゃうんだよ。

てこでも動かなくなった。

そしてまた、強制撤収・・・

下ろしたら、影だけじゃなくて、まべ自身が、りっぱな、コオニちゃんになってるよ

今日のまべは、ほんとうに、ぐれまべだった。

あ、いいの見つけたね。シロツメクサだよ。

まべは知らないだろうけれど、こんな歌があってね・・・

♪シロツメクサの

花が咲いたら

さあいこう・・・・

 

そのお話はね、小さい頃保護されて人に育てられてきたアライグマが、大人になったら凶暴化して、最後は、カヌーに乗せられて川を渡り、森にかえされちゃうってストーリーなの。

まべもわがままだから、カヌーに乗せられて、流されちゃうかもしれないよ。

お話のあの子は、森でお嫁さんを見つけてファミリーを作れたけど、

まべはしつこくて、女の仔にもてないから、ひとりで暮らすんだよ

まべは一匹狼では暮らせないから、なきながらうちにかえってくるんだろうよ、きっと

お互い観念して、ずっと一緒にいようね

フレンチブルドッグひろば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。