イタリアでの動画が話題になっている

家にこもる人が、ベランダで、思い思いの楽器を持ち出して、音楽を奏でる。そのうち、どこかから、美しいオペラの一節を歌う歌声が…

旋律も美しいが、なにより人の声が、やさしく、みずみずしく、乾いた街に、心に、しみこんでいく。

その声を聞いていたら、ふいに、涙がこぼれそうになった。大変な状況になっているイタリア。孤立や恐怖の中で、自己と隣人の魂を救済するかのようなその歌声は、心底美しかった。イタリアの現在の状況をみれば、今、励ますのはむしろこちらの方であるべきはずなのに…この国の人たちの魂との向き合い方に、こちらが救われてしまった。

日本でも、古今和歌集の仮名序で、紀貫之がこのようなことを言っている。

歌は人の心を種として、無数の言葉となる。

鳥も蛙も、およそこの世で生きとし生けるものみな、歌を歌わないものはない。

歌には、天地を揺さぶり、鬼の心をも癒す力がある。

和歌はもともと、読むものではなく、歌われていたものだという。

イタリアで、街にしみこむ美しい歌声は、国境を超えて、私たち共通の何か…それは到底「グローバル」などという言葉では語りきることのできない、人間の本質を、まっすぐに示してくれていた。

理屈を超えて、同じ人類として、同じものをもっているという”同質感”。

ふと、横を見ると、マーベリックが寝ている。

動物を飼っていると、疑いようもなくわかることだけれど、私たちと同じように感情があり、強い絆でつながれる。貫之が1000年も前に言ったように、およそこの世で生きとし生けるものには”歌”、つまり心があると感じることができる。

そして種を越えて、たのしさや喜び、数々の感情の質感は伝わり合う。

家の中に、人間とは別の生き物がいて、一緒に感情を共有して生きられることが奇跡のようにうれしい。

ことばを話せないこの子たちには、楽しさも不安も、私たちの感情がダイレクトに伝わってしまうと思うから、この寝顔がいつも見られるように、いつも楽しくしていたいと思う。

あ、そうだと思い出し、私はいそいそと、袋を取り出す。昨日、知り合いの子供たちに、お菓子をもらったのだった。

開けてみると、しろくまのマカロンだった。

かわいい。

マーベリックは、知ってか知らぬか、にっこり顔で寝たまま。

家の中で、忙しいときには、あなたの声はかき消されてしまっているかもしれないけれど・・・

ことばがつうじないからこそ、丁寧に、愛情を示していってあげないといけないなって・・・

イタリアの歌声を聞いて、改めて思ったよ。

動物は歌と同じように私たちの希望。世界中の人が、手洗いで感染を予防して、家の中では歌と、そして一緒に住んでいる動物をかわいがってほしいなと思う。

昔、広瀬香美の歌に「勇気と愛が世界を救う」ってあったけれど、まさに今、愛と科学がみんなを救うよねって思う。それが”ロマンス”の神様かどうかはわからないけれど、神様お願い。みんなの愛が伝わるといい。

2+
フレンチブルドッグひろば

投稿者について

日本の南で、太陽をさんさんと浴びながら、そこはかとなく暮らしています。
I live vaguely while taking the sun brightly in the south of Japan.

おすすめ:

コメントを残す