マーベリックの眠れなかった夜

そして、続きのお話・・・・

あれは、2016年も年押し迫った頃だった

まべがうちに来たばかりのあの頃は、夜、大型犬も入る大きさのクレートに入れて寝させていた

冬だったから、クレートの下にあんかを仕込んで、寒さ対策は万全

柔らかいタオルも入れて、居心地の良い空間を作ってあげた上での就寝のはずだった・・・

しかし、どこからともなく、家じゅうに、およそ犬のものとは思えない、ゴジラみたいな遠吠えが響き渡る

 

私が起きてきて、クレートの扉を開けると、目を真っ赤にして飛び出してきて、初めはうれしくて飛びついてくるんだけど、それがエスカレートして、顔つきが変わり、腕に、袖に、噛みついてくる。

”バスカービル家の犬”みたいに、首を振って引き裂く動作。

そうなると、叱っても、それは、火に油を注ぐようなものになった。

その時は、まべ、すごく必死な顔をしていた。

 

その後も、手あたり次第、置いてあるものを、引き裂く・・・

おもちゃはもっても5分!

ぶちぶちってやな音が聞こえて来たら・・・

わたが出てきて・・・

やむなく没収

まべ「まだ遊びはこれからなんですけど」

 

ひたすら壊す・・・

私に「遊ぼう!ボール投げて!」と、自分から誘ってきたから

ボールを投げてあげた

嬉しそうにボールを持って来た!!と思ったら、

素通りする

たまにボールを持ってきても、決して放さない・・・

この顔、どこかで見たことがある・・・

まべさん、俵屋宗達作「雲竜図屏風」のモデルを務められていらっしゃいましたか?

あまりにやりたい放題の下手人は逮捕されて・・・

叱られて、いじけて・・・

あまえる・・・・

べったりはとどまることをしらず・・

まべは、甘えたとアグレッシブな表現の両極端にふれていた。

 

ちょうどそのころ、

BBCか何かで、鳥の学習能力についての番組があったのを観た。

「とりあたま」なんていわれるけど、

実は鳥はとっても頭が良いという話。

 

その一場面で、とても印象的だったのがある。

それは、動物行動学の実験のために飼われたカラスのお話で、

そのカラスは、ある研究者にとてもなついていた。

ある時、研究者がしばらくそのカラスに会いに来られない日が続いた。

そののち

そのカラスが、研究者に久しぶりに会ったとき、どんな行動をとったかというと、

素直には甘えず、まずは噛みついたりつついたりしてかんかんに怒ったんだ。

それから最後に、猛烈に甘えてた。

そういえば、人間の子供でも、そんなこと、あるよね・・・

 

私が衝撃を受けたのは、カラスにも、そんな”拗ねる”ような感情があるってこと。動物の感情って、とても豊かで複雑なんだと思う。

 

で、話は、まべに戻るけど

まべは、うちに来てから数か月は、渋々ながらクレートに入って寝てたんだ。

でもある夜、クレートに入れる前に、マーベリックが、扉の開いているクレートの中に入って、聞いたこともない声で、がうがう、ひっくり返って暴れているのを見たの。

その姿を見て、その日はクレートに入れずに寝かしたんだ。

その日、まべは、ちょっと落ち着いた。

 

それから、寝るときにクレートには入れていない。

 

軍用犬のように規律正しいことが必要なわけじゃない

ボールを追いかけるのもいいけれど、まべがそれを楽しいと思わないなら、べつに”持ってこい”なんてできなくってもいい

まべは、豊かな感性の中で、自分の感情の表現の仕方が

まだわからないだけ

 

そんな風に考えて、それからは、

まずはまべのいうことに耳を傾けてみることにした

 

きっとその後に、まべは自然に、こちらの言うことを理解しようとしてくれるようになるだろう、と思って。

 

まべ「これからもその調子でよろしくお願いしますよ」

パチン!

 

このあと、まべと私の散歩漂流記が始まるんだけど・・・

それはまた、別のお話に。

1+
フレンチブルドッグひろば

コメントを残す