お散歩道に、かわいいアマリリスがお行儀良く並んで咲いていた。

マーベリックのブヒブヒが、今日は童謡アマリリスの♪ラリラリらりラー に聞こえてくる。

♪しらべーは アマリリス♪

♪みんなで聴こう 楽しいオルゴールを ラリラリラー しらべはアマリリス♪

日本の歌詞は子供たちが楽しく歌える、優しいものなんだけど、

あの歌は、もともとフランス民謡で、テーマはまさかの情熱的な恋

たしか、

Tu crois, o beau soleil,

なんて素晴らしい太陽なんだ

Qu’a ton eclat rien n’est pareil

あなたの輝きにならぶものはない

この麗しい5月には、バラもユリも咲いているけれど、あなたの前ではあらゆるものがしぼむ

的な…

急にむっふ~ん顔になるまべ。

私はすかさず、たしなめる。

おまべ、アドバイスしておくけど、通りすがりのお嬢さんに使うときは、日本語版の ラリラリ ラリラー くらいにしておいたほうがいいと思うよ。

らりらりらり、日本の5月の青空に咲く、かわいいアマリリス。

折しも東京の母が、アマリリスの写真を送ってきてくれた👇

らりらり らりら♪

らりらりらりら、すごい、どんな花にも合う。万能な7音。

すべての意味を放棄した、この歌詞…日本語って、すごいな。

そうだ、まべ、お散歩後半、今日は、私たちも、らりらりらりらで帰ろう・・とお誘いしてみたものの・・・

らりらりらりらりらりらりらりらりらり…

なぜかパラリラ隊のようになってしまうふたりなのでした。

3+
フレンチブルドッグひろば

投稿者について

日本の南で、太陽をさんさんと浴びながら、そこはかとなく暮らしています。
I live vaguely while taking the sun brightly in the south of Japan.

おすすめ:

コメントを残す