おまべのはる‐春4部作その2

その翌日、まべ地方にも雪が降った。

今年2度目の雪は、冷たい風と共に下りてきた。

このときのマーベリックの目には、路肩の雪は映らない。

なぜなら、一刻も早く、あの場所へ行きたいからだ。

あの場所とは、ここのことである・・・

このお方、ショッピングモール目指して駆けだして、カートに乗るまで動かなくなる。

普段はすったもんだするのだが、しかしこの日は凍えるような寒さのせいもあり、おまべの試みは、あっけなく成功。そして彼は、きょろりきょろり・・・

このひどく寒い春の雪の日、マーベリックは商品棚をあらかた物色した後、まんまと好みのトリーツを手に入れたのであった。

フレンチブルドッグひろば

「おまべのはる‐春4部作その2」への2件のフィードバック

  1. いつもコメントありがとうございます!
    いつもカートにきゅんきゅんで乗り込む暴走列車です???

コメントを残す