まべ地方も梅雨になり、おとといからずっと雨が降り続いている。

外にかかるクモの巣にも、雨のしずくがかかり、きらきら光って揺れている。

まべは雨が嫌い。

でも、お散歩は好き。

この時期になると、まべの葛藤は高まる。

今朝、雨は上がっていた。

山の向こうには、重たい霧のような雲が立ち込めているのに気が付いたけれど、

それでも、このチャンスを逃すまいと、ふたりで飛び出した。

つかの間、太陽も出て、蒸し暑くなった。

そして、ふたりして、紫陽花に見とれる。

だけど、花に見とれている時間は、私たちにはなかったのだ。

この後、スコールのように雨が降ってきて、私たちは、大きな木の下に逃げ込んだ。

私は、木にしばしの避難所になってくれるように依頼するんだけど、葉っぱの合間から、大きな雨粒が、リズムよく、背中に落ちてくる。

マーベリックはぬれるのが嫌で、私の下に潜り込んでこようとする。

まべがぬれないように、しゃがんで、小やみになるのを待つことにした。

傘もレインコートもなく、麦藁帽がどんどん重たくなってきた。

足元ではせわしなく、ちいさな生き物たちが、緑の苔の中を出たり入ったりしていた。

視界が雨で白くぼやけ、周りの木々の緑と、足元の土と苔の色が、しっとりと湿って、私たちを取り囲む。

マーベリックと自分だけの、雨宿り。

贅沢で、楽しい梅雨の始まりだ。

⛆☂⛆

今日は、東京の母からの写真も・・・

東京の土と空気に育つ紫陽花は、静かに雨を受けている。

この日の前の空には、波状雲。

この雲の後には雨になるんだって、母が教えてくれた。

3+
フレンチブルドッグひろば

投稿者について

日本の南で、太陽をさんさんと浴びながら、そこはかとなく暮らしています。
I live vaguely while taking the sun brightly in the south of Japan.

おすすめ:

コメントを残す